Magongmiao

Magongmiao, West Central District: Address, Magongmiao Reviews: 3.5/5

Historic Sites • Architectural Buildings
About
Suggested duration
< 1 hour
Suggest edits to improve what we show.
Improve this listing
The area
Neighborhood: West Central District/ North District
The West Central District is the most populous and the busiest area. A lot of shops and hotels crowd the district, and the long-standing history results in a variety of street food. In addition to that, this district also has the highest number of temples. This is how it got the name “Tainan’s Pantheon.” Historic buildings are literally ubiquitous. For example, Hayashi Department Store, National Museum of Taiwan Literature, Confucius Temple, Chihkan Tower (formerly Fort Provintia), Sacrificial Rites Martial Temple, Tainan Grand Mazu (name of a goddess) Temple, etc. Recently, the tourism in Tainan has laid emphasis on alleys and lanes. Examples include Fujhong Street specialising in creative handicrafts, as-you-stroll desserts on Jhengsing Street, Shennong Street lined with hundred-year-old ancient houses, Sinyi Street on which the old city gate stands, Sinmei Street where old and new cultures fuse together, and Guohua Street and Baoan Raod famous for all the savoury food. All the traditional and delicious food and flavours are about to burst in your mouth. The North District, on the other hand, is a quiet secret hideaway. Lane 321 on Gongyuan Road used to be a Japanese soldiers’ dormitory. Now a few artists have set up their studios here. There are diversified art styles in each old Japanese-style house. The Garden Night Market on Haian Road is one of the famous night markets in both Tainan and Taiwan, and was the top 12 Facebook check-in location worldwide in 2013.

3.5
7 reviews
Excellent
0
Very good
3
Average
4
Poor
0
Terrible
0

KangKang
Tainan, Taiwan7,215 contributions
雖為現代鋼筋水泥建築,但歷史悠久的廟
Jan 2019 • Solo
位在延平郡王祠附近巷內的廟,主祀開漳聖王四大部將之一輔順將軍馬仁,建立在明鄭時期,幾經整修,現今為現代鋼筋水泥建築,為中國北方歇山重簷形式,與一般閩南燕尾式建築風格不同。廟內有幾塊清朝乾隆、道光、與咸豐年間的匾額,足見該廟之歷史悠久。
Written January 19, 2019
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of TripAdvisor LLC.

taro2015
Taiwan6,263 contributions
修復中?
Sep 2018 • Family
早朝散歩している時にたまたま路地裏で見つけた小さな廟。馬に関連しているんでしょうか?
どちらかというとシンプルな廟ですが、一部修復中のようで、ちょっと荒れた感じがしました。
Written October 26, 2018
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of TripAdvisor LLC.

hide2004
Tokyo, Japan15,848 contributions
小さな廟です
Nov 2017 • Solo
2017年11月の台南旅行の際に行きました。
延平郡王祠近くの六差路にある小さな廟です。徳化堂からも近い所です。
台湾の廟ですが良く見る朱色を基調としたきらびやかな装飾の廟ではなく、かなり地味な装飾の廟です。観光客向けスポットと言うよりは、地元の人が祈りをささげるお廟です。
Written May 9, 2018
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of TripAdvisor LLC.

Tomonori A
Zama, Japan4,001 contributions
ちょっとした落ち着いたところにあります
Jan 2017 • Solo
台南孔子廟付近にございます。案外穴場のような寺院だと思っております。
どちらかといえば割と落ち着くような場所だと思っております。
Written December 25, 2017
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of TripAdvisor LLC.

MMMMOK
Hyogo Prefecture, Japan76,704 contributions
落ち着いた色合いでした。
May 2016 • Solo
 どこも色鮮やかなアーチが目立ちますが、同廟のアーチは単色で落ち着いた感じがしました。大通りに面していた為、訪問し易く自転車でふらりと参拝出来ました。境内手前には、大きな由緒書きがありましたが、中国語だけでした。外観も落ち着いた色使いなのが、逆に目立つ感じでした。猶、境内の一角には車が停められるスペースとなっていました。
Written June 13, 2016
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of TripAdvisor LLC.

aitainan2015
toukyou274 contributions
孔子廟のあたりから府中街の路地に迷い込んで延平郡王祠を目指したあたりにあります。市内の迷宮散歩の息抜きになります。
Dec 2015 • Solo
台南市の中心にあるのは七差路のロータリーで近くには孔子廟などがあります。そこから六差路(六合)の台湾銀行、延平郡王祠に向かうときにわざと路地に迷い込んで歩いて行くとあります。主神は輔順将軍馬仁ですがいろいろな神様が祭られていて石版の彫刻や狛犬をはじめなかなか芸術的な価値のありそうなお廟なので暫しのんびりしました。「主人を救い、死して馬から落ちなかった勇将」とのことなので競馬好きの友人に教えようかと思っています。きっとご利益があると思います。鳳凰樹の並木の美しい孔子廟から花で飾られた路地に迷い込み椰子のある府前路へ、時間のある方は府城(台南)の路地裏散歩を楽しんで下さい。六差路について正面は延平郡王祠、建業街を行けば臨水婦人廟があります。更に府前路を東門ロータリーの方に歩けば仁厚境、福徳祠もあります。旧市内でのんびりと路地の旅を楽しみましょう。七差路から六差路なので頭の体操にもなります。
Written March 21, 2016
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of TripAdvisor LLC.

n_a-ikawa
Odawara, Japan4,851 contributions
主人を守り、戦で死してもなお落馬しなかったと言われる「輔順将軍」を祭る廟。
Feb 2016 • Solo
開山路と府前路一段の間にあり、台南観光で必ずや寄るであろう「延平郡王祠」のすぐ近くにある「輔順将軍」を祀る廟。この辺りは何度も訪れているのに、この廟に気が付き寄ったのは今回が初めてです。「輔順将軍」は唐の時代、福建漳州地方の開拓者であり、その地方の英雄的存在であった「開漳聖王(陳元光)」を支えた将軍四人のうちの一人。「陳元光」が岳山で敵兵に囲まれてしまったとき、「輔順将軍」自ら盾となって、主人を守り命を落としてしまうのですが、息を引き取ったあとでも、馬に乗ったままの状態で落ちることがなかったと言われています。訪れた日、観光客も参拝客もほとんどおらず静かでした。
Written March 8, 2016
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of TripAdvisor LLC.
Anything missing or inaccurate?
Suggest edits to improve what we show.
Improve this listing
Frequently Asked Questions about Magongmiao