Chikan Refreshment Shop

Chikan Refreshment Shop, Liujia: Tickets, Tours, Address, Phone Number, Chikan Refreshment Shop Reviews: 4/5

Chikan Refreshment Shop
4
Speciality & Gift Shops
The area
Neighborhood: Zengwun District
This district is the heart of the fertile part of Jianan Plain. The land is nourished and irrigated with water from Wushantou Reservoir, which is in the shape of a beautiful coral reef. Upon arrival at the reservoir, this masterpiece by the technician, Hatta Yoichi, comes into sight. Furthermore, since the ecology in the headwaters is well conserved, Guantian in the same area has become a breeding place for jacanas (tropical waders). People can easily catch sight of them fluttering around the fields of water caltrops. Madou is where the old-time Daofong Inner Sea (Lagoon) used to be, so traces of the down-to-earth old street and the port and quay can be found in the town. Daofong Lagoon Museum which resembles the Leaning Tower of Pisa catches people’s eyes, and the artistic atmosphere suffusing Tsung-yeh Artist Village in which the museum is located and the history of the town complements each other. The savoury rice pudding, a street food inside the markets, is definitely a must-eat for visitors discovering Madou. As for Siaying, its downtown area centres on a Dark Deity (a.k.a. Mysterious Heavenly Highest Deity) Temple. There are worshippers all year round. Next to the temple is a local destination famous for its village paintings, which combines Taoist temple culture and modern animation characters. The island-wide tea-smoked geese are the best souvenir for your family and friends.

4.0
3 reviews
Excellent
0
Very good
3
Average
0
Poor
0
Terrible
0

castella995
Tokyo Prefecture, Japan305 contributions
カレーもあります
Dec 2016 • Solo
ここで初めて棺材板を出した店です。ここがオリジナル。オーダーシート式なので、会話がいりません。シチューの棺材板にはイカなどの海鮮が入ります。カレーヴァージョンもあって、こちらは鶏肉などになります。どちらも60元。
Written February 6, 2017
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of TripAdvisor LLC.

ベンタイン
928 contributions
台南名物、棺材板を頂きました!
May 2016 • Couples
棺材板60元、咖哩棺材板60元、豆腐羹 小60元、炒乾鱔魚130元、特製快餐 小90元

台南名物のひとつ、棺材板が看板料理のお店です。中正路と友愛街の間にある、康楽市場沙卡里巴内にあり、友愛街の「沙卡里巴」の看板下から入り、1本目の左側の路地を曲がって行く方法と、明成百貨行の右横の入口から入る方法があります。
沙卡里巴とは、日本語の盛り場が語源です。

棺桶に似ていることから付けられた棺材板。
揚げたパンをくり抜き、中にホワイトソースやカレーが入っています。
ソースの中身は、イカ、鶏肉、人参、グリンピース、コーンなど。
やさしい味わいで美味しいです。咖哩味の方がしっかりとした味付けでした。棺材板は、ナイフとフォークで頂きます。

豆腐羹は豆腐のスープ。小でもかなりのボリュームです。とろみがしっかりついているので、最後までアツアツで頂けます。

炒乾鱔魚は田鰻の焼きそば。日本の焼きそばの味付けに近く、美味しいです。田鰻は臭みもなく、淡白な味わいが楽しめます。

特製快餐は、ランチプレート。ライス、ハム、かき揚げ、魚のフライが盛られています。かき揚げは、日本ではお蕎麦とのセットが多いので、台湾らしいランチプレートで、楽しめました。

Written May 8, 2016
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of TripAdvisor LLC.

xionggu
Matsudo, Japan623 contributions
台南名物!「棺材板」発祥の店
タイトルどおり、今や台北の士林夜市にもある台南グルメの王道、棺材板の発祥天です。
色々なグルメ情報誌で紹介されているように、早い話がトーストをくり抜いて中にシチューを入れた料理です。メインディッシュというより、おやつ的な感覚で食べられます。
パンは表面がサクッと揚っており、それが具だくさんのシチューとマッチしてとてもおいしいです。
こういう物を思いつく創業者には感服させられます。

ただし、初めて行く人にとって非常に判りづらい場所でした。康樂市場沙卡里巴內にあり路地を入り込んだ所にあります。ちなみに「沙卡里巴」とは日本統治時代に「盛り場」と呼ばれていた所で、その日本語読みの発音に当て字しているのだそうです!

この店は棺材板以外にもメニューが豊富に揃っているので、普通に食事をしに行っても問題ありません。
Written January 15, 2010
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of TripAdvisor LLC.
Anything missing or inaccurate?
Suggest edits to improve what we show.
Improve this listing
Frequently Asked Questions about Chikan Refreshment Shop