Bankoro
Historic SitesPoints of Interest & LandmarksArchitectural Buildings
About
Duration: < 1 hour
Suggest edits to improve what we show.
Improve this listing

Top ways to experience nearby attractions

The area
Address
Neighborhood: Akabane / Itabashi
In Akabane and Itabashi, visitors can get a glimpse of the ordinary day-to-day life of Tokyo. On the east side of Akabane station, there are many traditional shopping districts and small izakayas, while on the west side, there’s a modern shopping mall. Itabashi is currently being developed as a residential area with a huge 1.1km long shopping street that extends from east to west. Rows of shops and izakayas target the down to earth everyday needs of locals. Both Akabane and Itabashi are notable for their easy access to the city center as well as their proximity to Ikebukuro.

Most Recent: Reviews ordered by most recent publish date in descending order.

Detailed Reviews: Reviews ordered by recency and descriptiveness of user-identified themes such as wait time, length of visit, general tips, and location information.


4.0
4.0 of 5 bubbles16 reviews
Excellent
3
Very good
9
Average
4
Poor
0
Terrible
0

junjun
Tokyo, Japan26,229 contributions
4.0 of 5 bubbles
Jun 2023
北区王子にある「飛鳥山公園」の「晩香廬」についての情報を発信していきます。「晩香廬」を訪れたのは2023年6月1日です。「飛鳥山公園」への第一歩は、無料で乗車できる「あすかパークレール:アスカルゴ」からスタートするのをお薦めします。「飛鳥山公園入口駅」から「飛鳥山山頂駅」まで、わずか2分の乗車時間です。「アスカルゴ」の「飛鳥山公園入口駅」へのアクセスは、JR京浜東北線「王子駅」中央口の出口を出て、左方向に70mほど直進すると目の前に「アスカルゴ」の「飛鳥山公園入口駅」があります。
「あすかパークレール」の山頂駅を降りると、正面には「飛鳥山公園の案内図」があります。正面には「飛鳥山公園の案内図」があります。「飛鳥山公園の案内図」の右側にある小道をみちなりに7分500mほど進むと、「飛鳥山公園児童エリア」になります。「飛鳥山公園児童エリア」を抜けると「北区飛鳥山博物館」があり、その先にある「渋沢資料館」があります。その先を左折すると「旧渋沢庭園」で「晩香廬」はその中にあります。
玄関部分をよく見ると、壁がなく向こうの木々が見えます。淡い光と緑をふんだんに採り入れる設計で一面「嵌め殺しのガラス窓」になっています。ちなみに、「はめ殺し」とは、一般的に開閉することができない窓のことをいいます。主に採光の目的のため、玄関のドア枠や階段ホールの天井窓などに設けられています。「晩香廬」は、「晩香廬」は、「渋沢栄一」の喜寿を祝って現在の清水建設が贈った洋風茶室です。大正6年(1917年)に完成し、丈夫な栗材を用いて丹念に作られ、暖炉・薪入れ・火鉢などの調度品、机・椅子などの家具にも、設計者の細やかな心遣いが見られます。「晩香廬」は、内外の賓客を迎えるレセプション・ルームとして使用されました。「ばんこうろ」の名は、「バンガロー」をもじったとも言われます。

01_【一口メモ】
⑴ 所在地…〒114-0002 東京都北区王子1丁目1−3 飛鳥山公園

02_【アクセス】
⑴ JR京浜東北線「王子駅」中央口か南口出口から徒歩8分600m
⑵ 東京さくらトラム(都電荒川線)「王子駅前」出口から徒歩9分700m
⑶ 東京メトロ南北線「王子駅」1番出口から徒歩9分700m
⑷ 東京さくらトラム(都電荒川線)「飛鳥山」出口から徒歩5分350m
Written June 24, 2023
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of Tripadvisor LLC. Tripadvisor performs checks on reviews as part of our industry-leading trust & safety standards. Read our transparency report to learn more.

mimo38
8,599 contributions
5.0 of 5 bubbles
Dec 2017 • Solo
入場券は渋沢資料館、青淵文庫と共通になりますが、ここでは買えないので渋沢資料館で購入します。こじんまりとした建物ですが、内部はとても凝っていて細かいみどころがいっぱいありました。特に暖炉周りは造った人の遊び心に溢れていました。渋沢自身は気づいていなかったのでは・・?パンフレットを見ながら見学するとよいと思います。同じ敷地内にあった和館や洋館は空襲で焼失したそうなので、焼け残った貴重な建物です。尚、内部の写真撮影は禁止でした。
Written January 27, 2018
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of Tripadvisor LLC. Tripadvisor performs checks on reviews as part of our industry-leading trust & safety standards. Read our transparency report to learn more.

キャプテンぽんた
Japan46,933 contributions
4.0 of 5 bubbles
Oct 2017 • Solo
渋沢栄一の喜寿を祝い、清水建設の前身・合資会社清水組が贈呈した大正6年築の建物で、来客との談話室として使用されたようです。
渋沢自作の詩「菊花晩節香」とバンガローの発音をミックスしたという名称通りに、平屋の小振りな屋敷ですが。
暖炉の上のレンガ風タイルで造られた「寿」の文字、長寿を祈念して鶴をデザインした照明、軽妙な飾り付きの漆喰天井などの目立つ場所から、ドアの裏側の飾り鋲や蝶番などの目立たない部位まで、清水組技師長の小粋な演出が散りばめられています。
建物全体は、ベイ型の掃き出し窓や、タイルで張られたコーナーストーン状の装飾など洋風部分と、玄関の引き戸や屋根の和瓦など和風部分の折衷型です・・などと言っても、国指定の重文に付き内部撮影厳禁になっているため、文章での表現には色彩的にも造形的にも限界を感じる建物です。
広い飛鳥山の敷地に建てられた渋沢家の本邸、茶室など何棟ものうち、空襲を逃れて青淵文庫と共に現存する貴重な建造物なので”百聞は一見に如かず”を。
Written October 19, 2017
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of Tripadvisor LLC. Tripadvisor performs checks on reviews as part of our industry-leading trust & safety standards. Read our transparency report to learn more.

智0701
Kasukabe, Japan839 contributions
3.0 of 5 bubbles
Jul 2023
渋沢栄一77歳を祝って、現清水建設が寄贈した洋風茶室です。渋沢栄一が賓客をもてなしていましたが、今でもその雰囲気が十分感じられます。素足で入れないので、靴下かストッキングが必須です。
Written July 16, 2023
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of Tripadvisor LLC. Tripadvisor performs checks on reviews as part of our industry-leading trust & safety standards. Read our transparency report to learn more.

negisun
Saitama, Japan7,822 contributions
5.0 of 5 bubbles
Oct 2022
タイトルどおり、ばんこうろ、と読みます。
日本の近代化を築いた渋沢栄一の喜寿をお祝いするために贈呈された施設です。
建てられたのは1917年とのことですが、栄一らしくとても当時としてはとても近代的な施設です。
国の重要文化財にも指定されています。
西洋建築が好きな方は必見です。
他の史料館、青淵文庫と共に300円で見られます。
Written October 9, 2022
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of Tripadvisor LLC. Tripadvisor performs checks on reviews as part of our industry-leading trust & safety standards. Read our transparency report to learn more.

LTB511
Japan33,885 contributions
3.0 of 5 bubbles
Jul 2021
王子駅から徒歩5分ほど。旧渋沢庭園(旧渋沢邸)内に建つ。
渋沢栄一が相談役を務めていた清水組(現・清水建設)の社長・清水満之助が、栄一の喜寿を祝って贈ったもの。1917年築。赤茶色の瓦屋根を持つ木造平屋建てで、外壁の一部にはレンガ状のタイルが貼られている。当時はレセプションルームとして使用されていた。現在は渋沢史料館の一施設となっており、建物内の見学には渋沢史料館の入館券が必要である。
Written July 19, 2021
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of Tripadvisor LLC. Tripadvisor performs checks on reviews as part of our industry-leading trust & safety standards. Read our transparency report to learn more.

さいさいさい
Osaka, Japan3,132 contributions
4.0 of 5 bubbles
Jul 2019
晩香廬(ばんこうろ)は、渋沢栄一の喜寿を祝って建てられた(洋風)茶室だそうで、内部は日本的な茶室というより、西欧のTea Roomといった雰囲気でした。
Written October 5, 2019
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of Tripadvisor LLC. Tripadvisor performs checks on reviews as part of our industry-leading trust & safety standards. Read our transparency report to learn more.

FLYG2
Kyoto, Japan7,357 contributions
4.0 of 5 bubbles
Jul 2019 • Solo
渋沢栄一の喜寿のお祝いとして現在の清水建設から贈られた応接用の離れの建物です。こじんまりとしていますが細かいところの作りに手が込んでいました。
Written August 4, 2019
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of Tripadvisor LLC. Tripadvisor performs checks on reviews as part of our industry-leading trust & safety standards. Read our transparency report to learn more.

ptraveler8
6,852 contributions
4.0 of 5 bubbles
Jul 2018 • Solo
内外の賓客を迎えるレセプション・ルームとして使用されていた。木造瓦葺き平屋建てで素敵なデザインである。内部は暖炉、薪入れ、火鉢などの調度品、机、椅子などの家具がある。
Written June 15, 2019
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of Tripadvisor LLC. Tripadvisor performs checks on reviews as part of our industry-leading trust & safety standards. Read our transparency report to learn more.

メロパパ
クアラルンプール, マレーシア7,099 contributions
3.0 of 5 bubbles
May 2019 • Couples
洋風茶屋の”晩香盧”です。 渋沢栄一氏の77歳(喜寿)を記念して清水建設から贈呈されたものだそうです。ここは、主に訪問者の接待や接客の場として利用したようです。洋風と言っても和のテイストも取り入れて、落ち着いた感じに仕上げていますね。内部に入ってみましょう。応接間(談話室)ですね。重厚でシックな雰囲気ですね。椅子やテーブルの脚は、球体形や八角形などを組み合わせた手彫り仕上げです。300円の入場料で資料館とこの建物が見られるのですから、コスパはかなりのものですね。   ぜひお出かけしてご覧ください。
Written May 30, 2019
This review is the subjective opinion of a Tripadvisor member and not of Tripadvisor LLC. Tripadvisor performs checks on reviews as part of our industry-leading trust & safety standards. Read our transparency report to learn more.

Showing results 1-10 of 16
Is this your Tripadvisor listing?
Own or manage this property? Claim your listing for free to respond to reviews, update your profile and much more.
Claim your listing

Bankoro - All You Need to Know BEFORE You Go (2024)

All Kita HotelsKita Hotel DealsLast Minute Hotels in Kita
All things to do in Kita
RestaurantsFlightsVacation RentalsTravel StoriesCruisesRental Cars